FLANDRU, Inc.

レポート

2011年01月23日「保育園の種類」

最近メディアで良く取り上げられます「保育園」に関して、ご説明したいと思います。

一般に「保育園」と呼ばれているものは、俗称であり正式名称は「保育所」になります。「保育園」は幼稚園から派生したものと考えられており、正確な呼び名ではありません。しかし、どちらかと言うと「保育園」の方が私たちの目に触れる機会も多く、慣れている方も多いのではないでしょうか。このサイトでは、「保育園」に統一してご紹介させて頂いております。

この「保育園」は二種類で成り立っており、「認可保育園」と「認可外保育園」で構成されています。名称だけ見ますと「合法な保育園」と「違法な保育園」と誤解される方も多くいますが実は違います。国で設けている認可基準に「準じている施設」と「準じていない施設」で分けられ、且、「準じていない施設」も順守しなければならない別な基準があります。纏めますと「高い基準を順守しているの施設」と「低い基準を順守している施設」となります。この「認可外保育園」は都道府県に届け出義務があり、承認を受けた施設と言うことができます。私たち一般の人間に分かる形で上記2者の違いを申し上げますと、「認可保育園」は公的な保育園で、「認可外保育園」は私的の保育園となります。「認可保育園」は公的と申し上げましたが、税金による補助を受けている事業主を指します。

「認可外保育園」は近年の保育サービスの需要の変化を受け、幾つかの特色のある形態に生まれ変わってきています。まず1つ目は、「認証保育園」です。これは東京都が独自の基準を設けて、その基準を満たしている場合に助成金を出すと言うものです。現在、東京都の待機児童(保育園に入りたくても空きがなく入れない児童)数は過去最悪と言われる水準に達しており、特に共働きの多い東京都では「認可保育園」が足りておらず、市場原理を活用した「認可外保育園」に助成金を出して、保育ニーズの補完を行うと言うものです。「認可保育園」は、「高い基準を順守しているの施設」であるがゆえに「数多くの基準」と「莫大な税金」が重しとなり数を増やすのは現実的ではありません。そこで、東京都が「認可外保育園」を補助する形態が現在増えつつあります。ちなみに、「認証保育園」は東京都独自のシステムですが、他には神奈川県横浜市の「保育室」などがあります。

2つ目は「保育ママ」です。個人で基準を満たしている人がサービスを提供するもので、名称から想像できるように少人数制の保育サービスになります。保育に関連します資格と研修を行うことで、個人事業主として働くことができます。自宅を使用することもあり、アットホームな雰囲気が喜ばれています。

今回は保育園の種類につきまして説明をさせて頂きましたが、上記のように幾つかのカテゴリーに分かれており、その種別によって各々違ったサービスを提供しています。「公立」と「私立」も選ぶ時の基準になりますので、参考にして頂ければと思います。一方、国も保育サービスの充実に向けて動いていますが、需要に対してタイムリーな対応ができていないのが現状です。少子高齢化と言われていますが、子供の数に反比例して保育の需要は高まっているのです。

レポートの一覧へ戻る

当レポートは情報提供を目的として作成されたものであり、何らかの行動を勧誘するものではありません。ご活用に関してはすべてお客様御自身でご判断下さいますようお願い申し上げます。当資料は信頼できる情報ソースに基づいて作成していますが、当社はその正確性を保証するものではありません。また、実例が必ずしも結果を暗示するものではありません。当資料の内容は予告なしに変更することを予めご了承下さい。また、当資料は著作物であり、著作権法により保護されています。当社の書面による許可なく複製、または第3者への配布・活用をすることはできません。