FLANDRU, Inc.

レポート

2011年11月06日「認可保育園の入園申込開始」

11月1日より来年4月1日入園の認可保育園の申込受付が始まりました。

通常12月の上中旬迄の間に自治体に申請すると翌年4月1日入園を受け付けてくれます。多くの場合は定員以上に応募がある為、抽選となります。その後、2月頃より順次抽選結果が通知されます。

首都圏と京阪圏の自治体の関係者の話しでは例年以上の申込みが来ているようで、今回も倍率が高くなる予測をたてているようです。この抽選ですが一般的に申込者を純粋に抽選するのではなく、優先順位別のランキング・カテゴリーを苦慮して選ばれます。申込時に保護者の現在の状態を記入して、例えば、現在認可外保育園に預けている場合は在籍証明書なども添付することで加点されます。抽選結果が発表されるまでには納税確認や設定条件を満たしているかなどを自治体の保育課が調べて、その後世帯所得に応じて保育料が算出されます。

4月以降はどのように認可保育園に入園を行うかと言いますと、上記の優先順位別のカテゴリーで上位者より順次案内されます。このカテゴリーの基準は自治体により異なります。多くの場合、4月以降の欠員は発生しづらく年度を通じて翌年迄待たされる可能性が高くなります。

昨今のように保育需要が高いと認可保育園に入園することが出来ない保護者は認証・認定保育園や横浜保育室、地域保育園などの認可外保育園へ申し込むことになります。これからの半年間は認可外保育園にとりましてとても重要な時期に入ります。保護者は複数の施設へ問合せを行う傾向がありますので、一回の面談で確実に入園まで取り付けたいものです。様々なシーンで応用できますのでご活用下さい。

レポートの一覧へ戻る

当レポートは情報提供を目的として作成されたものであり、何らかの行動を勧誘するものではありません。ご活用に関してはすべてお客様御自身でご判断下さいますようお願い申し上げます。当資料は信頼できる情報ソースに基づいて作成していますが、当社はその正確性を保証するものではありません。また、実例が必ずしも結果を暗示するものではありません。当資料の内容は予告なしに変更することを予めご了承下さい。また、当資料は著作物であり、著作権法により保護されています。当社の書面による許可なく複製、または第3者への配布・活用をすることはできません。