FLANDRU, Inc.

レポート

2012年07月17日「入園のタイミング」

2012年の関東地方の梅雨が本日明けました。今年も例年並みの猛暑が予想されていますが、本日は一般的な認可外保育園の入園のタイミングにつきましてお話ししてみたいと思います。

通常、保護者が保育を必要とする時、つまり日常的に入園する可能性があります。それでは年中バランスよく問合せがあるかと言いますとある傾向に気付くことができます。それは保護者側の状態とは別に他の要因が働くことがあるということです。具体的にご説明しましょう。例年11月〜2月頃に認可保育園の応募受付が始まり抽選が行われます。まず最初のタイミングは抽選結果がでる2月〜3月です。次は上期始めで人事異動などがある4月です。そして下期が始まる9月〜11月です。

では反対にあまり入園のない、問合せの少ない時期もあります。通常、連休や季節休暇の前後は動きが限られることが多くあります。これも具体的に言いますとゴールデンウィークや夏休み、冬休み前後は大体の場合、園児の動きは少なくなる傾向があります。

上記のことから広告戦略もターゲットを定めて行うことでより効果的な結果を得ることと経費おさえることができます。他にも応用できますのでご活用下さい。

レポートの一覧へ戻る

当レポートは情報提供を目的として作成されたものであり、何らかの行動を勧誘するものではありません。ご活用に関してはすべてお客様御自身でご判断下さいますようお願い申し上げます。当資料は信頼できる情報ソースに基づいて作成していますが、当社はその正確性を保証するものではありません。また、実例が必ずしも結果を暗示するものではありません。当資料の内容は予告なしに変更することを予めご了承下さい。また、当資料は著作物であり、著作権法により保護されています。当社の書面による許可なく複製、または第3者への配布・活用をすることはできません。