FLANDRU, Inc.

レポート

2013年11月30日「小規模保育と連携施設」

全国的に小規模保育に向けた動きが活発化していますが、本日は今後の物件選定で重要になる「連携施設」についてご説明をしたいと思います。

現在、助成金対象の認証・認定保育園を経営されている方は気付かれていると思いますが、本年より認可保育園からの連絡や催し物、イベント共催のご案内が増えて来ています。これは全国的な動きで、決して偶然的に発生しているわけではありません。

行政は将来の小規模保育を念頭に、0歳〜2歳を中心に預かる認証・認定保育園のその後の受け皿対応の為、各認証・認定保育園に対する連携施設を設定し始めております。今のままですと、小規模保育後に預ける施設が無くなり、就労や児童環境に影響が出てしまいます。

元々、認証・認定保育園はある一定のルールで許認可をされており、保育の需給バランスをとりながら指定されています。物件選定もこの点を考慮しておけば、必然と場所は選定できると思います。応用できますのでご活用下さい。

レポートの一覧へ戻る

当レポートは情報提供を目的として作成されたものであり、何らかの行動を勧誘するものではありません。ご活用に関してはすべてお客様御自身でご判断下さいますようお願い申し上げます。当資料は信頼できる情報ソースに基づいて作成していますが、当社はその正確性を保証するものではありません。また、実例が必ずしも結果を暗示するものではありません。当資料の内容は予告なしに変更することを予めご了承下さい。また、当資料は著作物であり、著作権法により保護されています。当社の書面による許可なく複製、または第3者への配布・活用をすることはできません。